クラス紹介 朝ヨガ

朝活で大人気!!朝ヨガのすごい効果!

更新日:

 

 

最近朝活が人気ですが、朝にヨガをすると嬉しい効果が沢山あります^^ここでは朝ヨガの効果について詳しくお話ししていきます♪

 

朝ヨガのすごい効果5選

①脳の働きが活発に

朝、深呼吸して体を動かすことで、脳への血流が促進され、酸素やエネルギーが身体全身に供給されます。それにより、その日一日、脳が活発に働いてくれます。朝、慌てて起きて食事もとらずいる方は、体は起きて動いていても午前中は脳の働きが悪いようです。

 

②愛情ホルモンの『セロトニン』が増量!!

セロトニンが上手く分泌されて働かないと、『体調不良』『不眠』『依存』などを引き起こしたりします。生活リズムを最適化し朝日を浴びると、日没後に分泌される「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌がストップし、一気に「セロトニン」という覚醒ホルモンが分泌されます。

 
このセロトニンは、気持ちを前向きにしてくれて、うつ病予防にも効果があります。心と体を元気にする脳内物質『セロトニン』。ストレスや痛みを緩和したり、心を安定させてくれる『幸せホルモン』ともいわれてます。

 

③朝のストレッチで脂肪燃焼効果

朝の呼吸と連動するストレッチ運動のヨガは、交感神経を刺激することで、身体をしっかり目覚めさせることができます。早い段階から活動モードに入るので、代謝をアップさせることにつながります。胃の中が空っぽの状態で行うと、脂肪燃焼効果も高くなります。

 

④早寝早起きで、成長ホルモン分泌!!

早起きしようとするとその分夜は早く寝ることになるので、一日のうちで最も成長ホルモンが分泌される時間帯(22時~2時)に睡眠がとれます。成長ホルモンが正しく分泌されていると基礎代謝が高く、食べたものがしっかりと代謝に使われます。

依って食べても太りにくい体質をなる。しかし分泌が減ってしまうとその食べ物が代謝されずに脂肪として体に蓄積されます。また、成長ホルモンは肌の新陳代謝を高め、免疫力を高め、骨や筋肉の修復や合成を行います。

 

⑤心の余裕が生まれる

私たちの脳は朝が一番エネルギッシュで一番よく働きます。「記憶」や「疲労」は寝ている時に、きれいに整理されて 別の場所に移されます。

もちろん上質な眠りが重要にはなりますが 寝ている時に頭の中が整理されると、朝起きた時の頭が一番クリアな状態になっているので朝の時間に活動することは物事を効率よくこなせるので時間に余裕が生まれます。

時間に追われてやらなればいけないことをする毎日よりも、今日はこれをやろうと決めて行動していく方が、充実した時間をゆっくりと感じて毎日を過ごしていくことができます。

 

やってみたいけど、一人では難しい....。

朝活は習慣となるまでは難しいと感じるかもしれません。一人では続けるのが難しくでも、誰かと一緒なら続けることも多いです。

相模原・古淵のヨガスタジオ ココロビヨガでは朝ヨガを毎日開催しております。幸せ生活のために、朝活で朝ヨガを一緒に始めてみませんか^^??

 

≪ご予約はコチラ≫

-クラス紹介, 朝ヨガ
-

Copyright© 相模原・古淵のヨガ&マクロビならcocorobi(ココロビヨガ) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.