YOGA 未分類

陰陽五行とYOGAでバランスを整える「春の養生」

投稿日:

~ 春の陰陽YOGA ~相反する2つのエネルギー「陰陽」、循環するエネルギー「五行」

陰陽五行説は、古来の人々から受け継いだ健康で幸せになるための智慧として、マクロビオティックや東洋医学で取り入れられています。

陰と陽は相反するもの。 だけどバランスを保っているという考え。

五行とは、自然界にあるもの。季節や時間とともに流れていくものを示します。

cocorobiの陰陽ヨガクラスで車、YOGAの動きを通して自分の中にある静(陰)と動(陽)のエネルギーを体感し

失ったバランスを取り戻していくことを目的としています。

cocorobiがおすすめする〜春の過ごし方〜

暖かくなり、草木が芽吹いて、花開く季節

私たちの心も体もほぐれていく季節です

体の中では、冬の間に体に溜まっていた脂が、気温の上昇と共に血液の中に溶け出してくる季節。

その血液を浄化してしてくれるのが肝臓。

春は、五行では肝臓・胆のうの季節です。

血液中の不純物を分解・解毒して、新鮮な血液がスムーズに流れるように管理しています。

しかし、肝臓の働きが弱っていると(お酒とか、ストレスなどで酷使!)

五気である風とのバランスが崩れ風邪(ふうじゃ)の影響を受けやすくなり

体調を崩しやすくなります。

すると、本来受け取るべき 春のエネルギーを受け取れなくなります。

春になると目に異常が出たり、イライラしたり、うつっぽかったり

風邪をひいたり・・・

これらは肝臓からのサインかもしれません。

弱った肝臓・胆のうを元気にするにはどうすればいいかというと?

・夜11時~3時までに寝ていること。(肝臓と胆のうが最も働く時間に休める)

・根を詰めない ストレスをためない生活を心がける

・酸味のあるものを適度に食べる(とりすぎると身体を冷やすので注意)

・甘過ぎるもの、辛すぎるもの、塩辛いものを取りすぎないようにする。

・食べすぎ注意!特に油っこいもの(動物性脂肪、ナッツ類や、白砂糖も肝臓を弱めます)

肝臓を労わる、春におすすめの食べ物は?

油脂を分解してくれる、「酸味」のある食べ物。

酢の物、梅干、柑橘類、漬物などの、穏やかな酸味がおすすめです。

また、春に顔を出す野草には、ビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維が含まれていて、

強い生命力で油脂汚れを洗い流してくれます。

ヨモギ、フキ、竹の子、タラノメ、ノビル、菜の花・・・

天ぷらがおいしいけど、おひたしや、酢味噌和えなどが肝臓には嬉しい食べ方です。

「青(緑)」い野菜・・・ほうれん草、小松菜、春菊、ニラ、パセリ

春に収穫を迎える、旬を迎えるわかめ、あらめ、しじみやあさりもおすすめです。

自然に出来るだけ近い状態でいられるよう

こころもからだも健やかに穏やかに過ごしていきましょう♪

-YOGA, 未分類
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© なりたい自分を学ぶ マクロビ×ヨガスタジオ cocorobi(ココロビヨガ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.